システムの特徴を活かしたバックアップで効率的にデータを保守しよう

セキュリティー向上

クラウドによるバックアップは単にコスト削減や、自前でシステムを揃える必要がないといったことだけではありません。
専用のバックアップシステムを利用することになるので、保守管理が徹底されているというメリットがあります。
通常この保守管理には電源の確保や物理的耐久性、2重3重のシステムによる緊急時の代替の用意、災害時のプランなど、徹底して考えられている場合が多く、データ損失のリスクを極力低くすることが出来ます。
またセキュリティー的にも自社管理より高い場合もあるでしょう。
クラウドバックアップサービスを提供している会社によってはバックアップする時にデータを分散させ、複数箇所でバックアップを行うところも存在します。
分散させると一方でもしデータの流失があったとしても、本来のデータとしての意味を一切持たないため問題がないというメリットもあります。
自社で自前にシステムを構築しようとすると非常に難しく、高度に完成されたシステムなため費用も構築期間も膨大にかかります。
しかし、クラウドバックアップを利用すればサービスによってはこういった高難易度な技術の恩恵を受けることが出来、結果としてセキュリティーを高めることにも繋がります。

単純にストレージの盗難に遭い、損失といった物理的なことでデータを流失してしまうことも自社システムなら考えられます。
クラウドバックアップならそもそもストレージ自体が自社に無く、クラウド上なためそういったリスクや心配も低くなります。